民営霊園について

霊園・お墓選びについて考えたことありますか? - 民営霊園の特徴や選ぶポイント

民営霊園の特徴や選ぶポイント

gbfhsht
民営霊園というのは営利を目的としない財団法人や社団法人などが運営をしている霊園のことを言います。多くの所では広い敷地を持っており公園のような形で整備されています。昭和30年ごろに寺院や公営の霊園が不足していたという背景があり、民営霊園が次々と開園しています。現在次々に開園しているところはほとんどが民営霊園になっています。

何にしても自由度が高い

民営霊園というのは宗教(宗派)や墓石の大きさ・形、利用の仕方においても自由度が高く、どういう場合であっても使用規則に則っていれば制限されるということはありません。霊園それぞれについても個性があるところが多いので、自分のニーズに合ったことを選ぶことが出来ます。民営霊園は参拝するための施設が充実しているところが多いです。

生前に購入することが出来る

近年は生前に霊園を購入してお墓を建てるというニーズがあります。生前に購入する事によって自分たちのニーズをかなえることが出来やすくなります。生前に購入する一番のメリットというのは相続税対策につながるということです。そしてお墓相続もスムーズにいくことです。

お墓の石材店が指定されていることが多い

民営霊園は複数の石材店が解説のために費用を出しているという関係があるために自分たちで自由にお墓を建てるための石材店選びができないというデメリットがあります。民営霊園を選ぶ時は、霊園が指定する石材店も同時に選ぶということになってしまいます。

民営霊園の特徴を知ったうえで選ぶのが大事

民営霊園の特徴というのは、何といってもお墓を建てる上での自由度が高いので、自分たちの希望がかなえやすいというのがありますが、霊園の設立の関係から指定の石材店から選ばないといけないということがあります。
霊園選びにおいてどういうところにあるのかとか、施設が充実しているのかなどは見学をして確かめるかもしれませんが、それだけをチェックしたとしてもまだ完ぺきというわけではありません。できることであれば管理体制についてチェックすることもお勧めします。

共用部分の管理が行き届いているのか

gnfytut
民間霊園においては共用で使用する水汲み場やトイレ、駐車場、通路、緑の管理、休憩場などが管理費によって管理されています。施設が充実していると管理というのは基本的に高くなりがちです。こういう設備が広さに対して十分であるかとか、バリアフリー対応になっているのか、きちんとした管理をしているのかなどをチェックする必要があります。

管理人がいるのか

霊園を管理していくうえで管理人がいるかいないかというのはものすごく大切なポイントになります。管理人の仕事としては霊園内の共有部分の清掃や備品の点検というのがあり、管理人が不在ということになると霊園全体の管理が不十分になります。その結果として霊園全体が汚れているとかきちんと管理されていないということにもなりがちです。

霊園の経営状態はどうなのか

霊園の経営主体や運営管理会社の経営状態がいいのかどうかもできることであればしっかり確かめたいものです。特に民営霊園であれば霊園が潰れるという可能性が無いとは言い切れませんので、経営状態についてチェックしておかないとその状況になった時に困ることになります。

管理体制についてしっかりと確かめておく

共用部分の管理や管理人の有無という項目はは民間霊園のみならずどこの霊園でも通用するチェック項目です。霊園の経営状態については民間霊園であれば特に見ておかないといけないところです。

Copyright(C)2015 民営霊園について All Rights Reserved.